しめ縄を飾る期間はいつからいつまで?お正月飾りは?片付けや処分方法も

生活
この記事は約5分で読めます。

お正月の正月飾りに欠かせないしめ縄。そのしめ縄をいつから、いつまで出すかを知っていますか?また、いつまで出して、それをどのように片付けて処分すればいいのか、というのも悩みの種だと思います。そんなしめ縄の処分の仕方についても合わせてご紹介します。

 

お正月の飾り『しめ縄(注連縄)』を飾る期間はいつから、いつまで?

しめ縄(注連縄)を飾る期間・処分方法は?

お正月に玄関などに飾るしめ縄。そのしめ縄を飾る期間がいつから、いつまでかご存じですか?しめ縄を飾る意味や由来と合わせて、しめ縄を飾っておく期間がいつから、いつまでのか解説します。またしめ縄は注連縄と書かれる場合もあります。お正月の飾りである、注連縄などをどうやって処分するべきか、毎年迷ってはいませんか。その点についても解説しますね。

 

しめ縄の由来と意味

しめ縄の意味

神社に飾られているしめ縄とお正月飾りのしめ縄には少し違いがあります。神社などにつけられている、しめ縄には神様と通常の世界を仕切る意味があります。そのため、家庭でお正月に飾られるしめ縄とは少し意味が違っています。

 

しめ縄の由来

天照大神が岩屋に逃げ込まないようにしたのが、元の由来です。神社にあるしめ縄の由来は、天照大神という神様が、弟の須佐之男命が悪さばかりすることに怒り、岩屋に閉じこもってしまった話があります。天照大神は太陽の神であったため、世の中が真っ暗になってしまったのです。なんとか説得して出てきてくれた天照大神が岩屋に戻ってしまわないように、しめ縄で岩戸を縛ったのが由来になっています。

しめ縄は神様が宿る場所に飾る

しめ縄は神様が宿る場所につけるものです。そのため神社などだけでなく、木や岩につけることがあります。鳥居などにつけられているしめ縄には、結界の意味があり、この内側は神の領域を意味しているのです。

 

家庭のしめ縄(しめ飾り)の意味

家庭用しめ縄の意味

家庭に飾るしめ縄は、願いを込めて縁起物として飾ります。神社のしめ縄と同じ、自分の家も神様を迎えるのにふさわしい場所ですよ、ということを示す意味があります。また、家に来てくれた神様が逃げないという意味もあります。天照大神の話を思い出してください。神様が岩の中に閉じこもって出てこなくなり、そして出てきてもらって岩に戻らないようにしました。それをなぞって、しめ縄を飾ることで、神様が外に出て行ってしまわないようにという意味もあります。

 

しめ縄を飾る場所

しめ縄は大きなものは神社などの鳥居に飾られます。家庭では玄関や神棚に飾ることが多いです。また、神様は水辺に宿るため、台所やトイレなどの水回りに飾ることもあります。厄除けの効果もあるため、自動車やバイク、自転車などに飾り、無事故を祈ることもあります。

 

しめ縄を出す日は12月25日〜28日

しめ縄を出すのは12月25〜28日の間がベストです。29日は「苦」を連想させるため、避けるべきです。また、31日に飾るのは『一夜飾り』と呼ばれ、神様に対して失礼な行為だとされます。そのため、この2つの日を避けて、飾るのがしめ縄を出す日としては一番です。

 

しめ縄の飾りつけの意味

飾りつけのそれぞれの意味

しめ縄につけられた飾りつけにも、それぞれ意味が存在します。

しめ縄の飾りつけの意味①:橙

しめ縄の飾りつけに橙がついている意味は、橙(だいだい)にかけて、「代々繁栄しましょう」という願いが込められています。

 

しめ縄の飾りつけの意味②:裏白

とげとげとした、葉っぱの名前は裏白といいます。この歯には、裏表のない清らかな心で、一年を過ごせるように、という由来があります。

しめ縄の飾りつけの意味③:ゆずり葉

しめ縄についている、平べったく長い葉は、ゆずり葉といいます。この葉には子孫が途絶えないようにという意味が込められています。

 

しめ縄はいつまで出すべきなのか。いつまで出すかは関東と関西で違う

しめ縄を飾る期間

しめ縄をいつまで出しておくかというと、『松の内』と呼ばれる期間までです。松の内の期間は、住む地方によって2つのパターンがあることを気を付けましょう。関東は1月7日まで、関西では1月15日までと、地方で違います。しめ縄に限らずお正月の飾りは松の内の期間が終わったら処分しましょう。

しめ縄の片付け方と処分の仕方

しめ縄の処分方法①:とんど焼きで処分

神社などで行われる『とんど焼き』で燃やしてもらうのがベストです。しめ縄をはじめとした正月飾りは、とんど焼きと言われる、正月に行われる火祭りで燃やして片付けるのがおすすめです。

 

しめ縄の処分方法②:燃えるゴミとして処分

個人で処分することは問題ありませんので、できるだけ小さくして、燃えるごみの日に出しましょう。一部地方で、しめ縄も大きなサイズになる場合や、門松などは大型ごみになる場合があります。お正月になるとお知らせが張り出される場合もありますので、しっかりといつまでに処分するかチェックしておきましょう。

 

しめ縄をお正月のいつまで出すかを忘れずに、期間が終わったら処分するようにしましょう

しめ縄を飾る期間を守り、神様を無事送り出そう

松の内の期間がいつまでかというこを知ったことで、お正月の神様がいつまで家の中に居てくれるのかということが分かりましたね。これはいつまでがお正月の期間かということも意味します。新年が終わり、新しい一年が始まったら、またいつもの日常が帰ってきます。お正月に蓄えた元気で、毎日を元気に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました